課文

著物

「著物(和服)」は日本の民族衣裝として広く知られています。一般に「著物」といわれるのは、ワンピース型の著物とベルトの役割を果たす帯からなる衣服ですが、著物は現在の形になるまでに、どのような変遷を経てきたのでしょうか。そして、著物を取り巻く狀況は、今どうなっているのでしょうか。東京著物研究所の瀧田久恵さんに聞きました。

一一著物が現在の形になるまでに、どのような変遷があったのでしょうか。
著物の特徴は、前開き、前合わせと、を締める形です?,F在見られるこのスタイルが確立したのは、今から400年ぐらい前、安土桃山時代末期から江戸時代初期にかけてだとみられます。

4世紀から7世紀ごろ、埴輪古墳壁畫の絵にあるように、男性は筒袖の上衣、だぶだぶのズボン、女性はブラウス風の上衣に巻きスカートのような服を著用していました。この服裝形式は、洋服のスタイルに極めて近いものです(図の①)。

奈良時代、遣隋使や遣唐使の往來に伴う中國文化の移入によって、服の形は唐風のゆったりした前開き形式へと切り替わりました。奈良時代は、唐の最盛期にあたり、唐風のファッションが流行しました(図の②)。

8世紀末の平安時代になると、それまで、伝わってきた中國の文化を生かしつつ、日本の気候風土や四季の移り変わりに合わせて、徐々に日本的な生活様式が生まれてきました。衣服についても、平安後期には衣冠束帯(貴族の男性の正裝)や十二単(貴族の女性の正裝)のような日本獨自の形に発展を遂げました(図の③)。このような服裝は現在のひな人形に見ることができます。そして、鎌倉時代以降、武士の時代が続く中で、華美で大げさな服裝は簡素化され、現代の著物とほとんど変わらない形になってきたのです(図の④⑤⑥)。

一一現在、著物を著る機會は非常に少なくなっていますね。
明治維新以降、日本はあらゆる面で西洋化され、衣服もその例外ではありませんでした。著物を著る人は次第に減っていき、特に戦後はそれが一層進みました。洋服に比べて、活動的でないこと、高価であること、さらに著方が難しいことなどが理由です。

今、街で著物を目にするのは、お正月か成人式、結婚式、卒業式のような特別な日がほとんどです。しかも、その大半が女性で、男性の場合は、落語家や歌舞伎役者といった伝統蕓能に攜わる人たちなどに限られます。

一一最近新しい動きもあるようですが。
近年、著物の雑誌が新たに刊行されたり、著物を著て街を歩く會ができたりしています。これは、著物のよさが見直されるようになってきたからだといえるでじよう。日常の衣服として著るというよりは、趣味として楽しむということですが、これは著物を愛する者としては、とてもうれしいことです。

著物は確かに現代の生活には合わない面もあります。しかし、民族衣裝は著る人が減り、一度滅びてしまったら最後、二度とよみがえることはありません。夏祭りの浴衣、初詣の著物がきっかけでもいいのです。少しでも著物を著る人が増えて、その伝統が途絶えることのないようにしたいものです。

新出語彙2

ベルト[名] 腰帯
へんせん(変遷) [名·サ變自] 變遷
へる(経る) [動2自] 經過、經歷
とりまく(取り巻く) [動1他] 圍繞
とうきょうきものけんきゅうじょ(東京著物研究所) [專] 東京和服研究所
たきたひさえ(滝田久恵) [專] 瀧田久惠
こうき(後期) [名] 后期
いかんそくたい(衣冠束?。?[名](公卿禮裝)衣冠束帯
せいそう(正裝) [名] 正裝、禮裝、盛裝
じゅうにひとえ(十二単) [名] 十二重(宮廷婦女的一種禮服)
とげる(遂げる) [動2他] 完成、達到
まえびらき(前開き) [名] 前開襟 ?? ?
ひなにんぎょう(ひな人形) [名] 女兒節絹人
まえあわせ(前合わせ) [名] 前開襟 ?? ?
かまくらじだい(鎌倉時代) [專] 鐮倉時代
かくりつする(確立~) [名·サ變自他] 確立、確定
かび(華美) [形2] 華麗
かんそ(簡素) [形2] 簡樸
あづちももやまじだい(安土桃山時代) [專] 安土桃山時代?? ?
れいがい(例外) [名] 例外 ?? ?
しだいに(次第に) [副] 逐漸、慢慢
まっき(末期) [名] 末期
はにわ(埴輪) [名] 陶俑、土俑
こふん(古墳) [名] 古墓
へきが(壁畫) [名] 壁畫
つつそで(筒袖) [名] 窄袖、筒袖
うわぎ(上衣) [名] 上衣
まきスカート(巻き~) [名] 卷擺裙子
ちゃくようする(著用~) [名·サ變他] 穿
きわめて(極めて) [副] 極為、極其、非常
ならじだい(奈良時代) [專] 奈良時代
けんずいし(遣隋使) [名] 遣隋使
けんとうし(遣唐使) [名] 遣唐使
おうらい(往來) [名·サ變自] 往來
いにゅう(移入) [名·サ變他] 引進、引入
ゆったり [副] 寬敞舒適;舒暢
せんご(戦後) [名] 二戰后
かつどうてき(活動的) [形2] 活動
せいじんしき(成人式) [名] 成人節、成人儀式、成人節典禮
たいはん(大半) [名] 大多數、大部分
たずさわる(攜わる) [動1自] 從事、有關系、參與、參加
かんこうする(刊行~) [名·サ變他] 刊行、發行、出版
ほろびる(滅びる) [動2自] 滅絕、滅亡
にどと(二度と) [副] 再次、第2次
よみがえる [動1自] 復蘇、復興、復活
なつまつり(夏祭り) [名] 夏令節日、夏季祭祀
とだえる(途絶える) [動2自] 斷絕、中斷
こふんじだい(古墳時代) [專] 古墓時代
きりかわる(切り替わる) [動1自] 轉變、改換 ?? ?
むろまちじだい(室町時代) [專] 室町時代
さいせいき(最盛期) [名] 鼎盛時期、興盛時期
へいあんじだい(平安時代) [專] 平安時代
ふうど(風土) [名] 水土、風土
うつりかわり(移り変わり) [名] 變遷
せいかつようしき(生活様式) [名] 生活樣式、生活方式
ぶけ(武家) [名] 武士門第

~面(めん) ~面;~版面

下一頁:課文解說1