面接前って、ソワソワしますよね。たかが仕事でも、されど仕事。これで一生が決まる……なんて重く考えて、余計に緊張してしまったりして。そこで今回はビジネス紙「IBD」から、面接前の心得10か條を紹介します。

面試之前,總會忐忑不安吧。雖說只是一份工作而已,但畢竟是工作啊。人生只在此一搏……這樣想得嚴重了,反而分外緊張。所以這次介紹來自商業報《IBD》的面試前的10條心得。

1. 偵察すべし

面接する會社が、業界でどんな立場なのか、會社としての特性を生かせているか、ビジネスの相手はどこか、どんな沿革を持った會社なのか、利益重視か開発重視か、など、よく調べておきましょう。ソースは、會社やその業界に関するホームページが、いいかもしれませんね。データを集めたら、その會社で、自分が発揮できるスキルは何かを考えて、面接で自分と會社をリンクして、アピールできるようにしましょう。

1. 偵查

面試的公司在業界處于何種地位,是否發揮了公司的特性,業務的對象,經歷過哪些歷史變革,重視利益還是重視開發,等等,這些都應該調查清楚。公司及業界相關的網頁就可能成為很好的來源。收集好這些信息,思考自己可以在該公司發揮的技能是什么,建立自己和公司的聯系,做到面試的時候可以發揮。

2. 相手の弱いところをつくべし(でもお手柔らかに)

其の一で、會社についていろいろ調べれば、その會社の弱いところも見えてくるかもしれませんね。面接では、それを敢えて突っ込むことも、作戦になります。ただしそれは、自分に何かいいアイディアがあるときに限ります。また、アドバイスをするにしても、上から目線ではなく、その會社の一員として、一緒に向上させる意欲があることを、面接官に伝えましょう。

2. 攻擊對方的弱點(但要手下留情)

其一,在調查公司情況的時候,可能也會發現該公司的弱點。在面試的時候敢于指出了,也不失為一種策略。但這時候你必須要有好的提議才行。另外,即便是提建議,也不能以俯視的姿態,而要把自己作為公司的一員希望共同進步的意愿傳達給面試官。

3. 會社に合わせた履歴書を作るべし

面接を受ける會社のいいところ、もうちょっとがんばって欲しいところなどがわかったら、履歴書を書くときに、それを意識しましょう。その會社に雇ってもらいたいのですから、そこにとけ込める人間だということを、アピールするのです。もちろん、偽りの自分を書くわけではなく、自分の中でその會社にマッチする特性を、強調して書くといいですよ。

3. 為公司量身制作簡歷

了解了面試公司的優點以及還有待改進的地方,在寫簡歷的時候就應該有意識地適當體現。因為希望公司能雇用自己,所以要說明自己可以融入該公司。當然,不是寫一個虛構的自己,而是強調自己所具有的跟該公司相符合的特質。

4. 會社の雰囲気も知っておくべし

會社の理想、理念、社員の満足度など、その會社の雰囲気をリサーチすることは、とても大切です。一日の中で長い時間を過ごすオフィスが、自分にとって居心地がいいか、上司や同僚と同じ目標に向かっていけるのかなどを、あらかじめ調べておきましょう。

4. 了解公司氛圍

調查該公司的氛圍是很重要的,如公司理想、理念、員工的滿意程度等。一天中很長時間都將在辦公室度過,對自己而言舒適與否,能否跟上司和同事向同一個目標努力,這些都應該事先調查清楚。

5. 將來の上司について調べておくべし

上司は一緒に働く人であり、あなたを評価する人でもあります。上司のバックグラウンドや、それまでの仕事を調べることが可能であれば、チェックしておきましょう。事前にできなくても、面接官が將來のボスであれば、そのときに観察できますね。面接のときには、自分のことをアピールすることで精一杯になるものですが、少しだけ余裕を持って相手をよく観察し、できれば共通點を見つけましょう。上司のオフィスで面接が行われた場合は、例えば、本棚の本についてコメントすると、いいかもしれません。

5. 調查未來上司的情況

上司是一起工作的人,也是給你評價的人。如果可能的話,確認一下上司的背景以及之前的工作。即使事先做不到,如果面試官是以后的老板的話,可以在面試的時候加以觀察。面試的時候往往會一心想著表現自己,但還是應該分一點精力,好好觀察對方,如果可能的話發現彼此的共同點。如果是在上司的辦公室面試,比如對書架上的書說點什么,可能收到不錯的效果。

6. 入念に準備すべし

面接での想定問題集を作って、事前に何度も練習しましょう。頭の中で面接をイメージすることも大切です。

6. 用心準備

制作面試中可能問到的問題集,事先多練習幾次。在大腦中想象面試的情景也很重要。

7. 面接當日に関わった人にはお禮をすべし

余裕がなくて、面接當日に取り次いでくれた受付の人や、秘書のことはあまり覚えてない人が多いことでしょう。でも、そういう人にこそ、感謝の気持ちを表すことが大切です。名前を聞いておいて、あとからお禮のカードやメールを送りましょう。面接の結果や、その後の連絡がスムーズになりますよ。それからもちろん、面接官にもお禮を忘れてはいけません。たった三行の短いお禮でも、十分です。一行目はその日の面接のお禮、二行目は面接のときに話した內容で印象に殘ったこと、三行目はいい結果を待っている、ということを書きましょう。

7. 向面試當天相關的人表達謝意

很多人都顧不上去記住面試當天幫自己傳達的前臺人員、秘書。但是向這些人表達謝意卻很重要。問好名字,事后送一張答謝的卡片或是郵件。之后通知面試結果等聯絡就會變得很順暢。當然也不要忘記對面試管表達謝意。哪怕只有短短三行的感謝也足夠了。第一行對那一天的面試表示感謝,第二行寫印象較深的面試時說的內容,第三行寫等待好的結果。

8. 即一人反省會をすべし

面接が終わったらすぐに、うまくいったこと、こう言えばよかったということなど、気付いた點を書き留めておきましょう。そして次の面接の前には、そのメモを見直しましょう。

8. 事后一人反省會

面試結束后,記下注意到的點,比如哪里表現得好,哪里說得不夠好,要是這樣說就好了,等等。等到下次面試之前再復習一遍。

9. 積極的に質問すべし

面接は、面接官の質問に答える場であると同時に、その會社について、直接社員に質問できる場でもあります。いい質問、鋭い質問は、あなたの力をアピールすることにもなるのです。

9. 積極提問

面試是回答面試官提問的場所,同時也是直接向公司員工詢問公司情況的機會。好的問題,敏銳的問題同時又能體現你的能力。

10. 交友関係は広く持つべし

様々な分野の人との交流があれば、あなたの世界も広がります。専門知識を生かしたいという人でも、外の世界を知っておくのは大事なことです。

10. 要有較廣的交友圈子

跟各行各業的人交流,你的世界也會變得寬廣。即使是想發揮專業知識的人,了解外部世界也很重要。

相關推薦:

令外國人難以理解的日本企業習慣

日企面試時絕對不能這樣說