ミリオンセールスを連発するなど、いまや國民的人気を誇る乃木坂46。だが、昨年には中心メンバーの西野七瀬の卒業など、大きな変化もあった。そんなグループの葛藤を描くドキュメンタリー映畫第2弾では、次期エース?齋藤飛鳥にもフォーカス。大人數の女子グループに所屬しながら、「ひとりが好き」という獨特のスタンスを貫く齋藤は、乃木坂46であることに何を感じているのか? 「しんどかった」という學校生活の悩み、それを救った存在、そして現在のメンバーとの関係性など、齋藤が本音を語った。

乃木坂46單曲連續達成百萬銷量,如今已經成為擁有國民級人氣的團體。但自從去年核心成員西野七瀨畢業,團體內也發生了很大的變化。而記錄團體內部各種糾葛的第二部紀錄片圍繞組合下一個中心齋藤飛鳥展開。雖然所屬于人數眾多的女子團體,但其實“更喜歡一個人獨處”的齋藤桑在乃木坂46團體內的感受如何?齋藤就讓人疲憊的學校生活煩惱、從煩惱中拯救了她的人,及現在成員間的相處等話題談了她內心的真實想法。

乃木坂46?齋藤飛鳥 映畫『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』

乃木坂46·齋藤飛鳥 電影《不知不覺 已在此處 乃木坂46紀錄片

「すごい集団に私がいさせてもらえるのは、幸せなこと」

“能在這么厲害的團體里我覺得特別幸?!?/div>

『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は、2015年に公開された『悲しみの忘れ方~』から4年ぶりとなる、乃木坂46のドキュメンタリー映畫第2弾。2017年から現場に監督とカメラが入り、密著した數々の貴重映像をはじめ、西野七瀬の卒業を機に、自分探しの旅に出るメンバーたちの心の葛藤と成長、偽りのないリアルな物語が映し出されている。

《不知不覺,已在此處 乃木坂46紀錄片》是自2015年上映的《忘記悲傷的方法》之后時隔四年的第二部乃木坂46紀錄片。從2017年起導演和攝像就在乃木坂46的工作現場進行錄像,以跟蹤拍攝下的許多珍貴影像毫無保留地展現以西野七瀨畢業為契機,成員們尋找自我并不斷成長的真實的心路歷程。

――まず、本作をご覧になっての感想を教えてください。

――首先,想談一談看完電影的感想。

齋藤飛鳥:私はいち視聴者として純粋に「今の乃木坂46の內側を見たいな」と思っていたので、ちょうどいいタイミングだなと思いました(笑)。このドキュメンタリー映畫を通して、客観的に乃木坂46というグループを見ることができて、メンバーのことを知ることができてありがたかったです。

齋藤飛鳥:作為觀眾的我“也想看一看現在的乃木坂46內部的面貌”,這次的紀錄片真的來得正是時候(笑)。如果觀眾能夠通過這部紀錄片客觀地評價乃木坂46,更了解隊員就再好不過了。

――いち視聴者であり、もちろんメンバーでもあるわけですが(笑)。大スターとなった乃木坂46の一員であることは、齋藤さんにとってどんな意味や影響がありますか?

――是觀眾同時也是團隊的成員(笑),對齋藤桑來說作為知名團體乃木坂46的一員有什么意義和影響嗎?

齋藤飛鳥:レコード大賞や紅白歌合戦といった大きな舞臺の裏側も描かれているので、それを見ると「みんなすごいな、乃木坂すごいな」って(笑)。普段接しているとわからないけれど、真正面から現実を見ているメンバーもいれば、すごく向上心が高いメンバーがいたり、誰にでも必ず尊敬できるところがあるんです。そんなすごい集団に私がいさせてもらえるのは、幸せなことなんだなって改めて感じました。

齋藤飛鳥:因為也記錄了唱片大獎和紅白歌會這些大舞臺的幕后花絮,看到這些覺得“大家好棒啊,乃木坂真厲害”(笑)。平時一直在相處所以感受不明顯,但(在那樣的大舞臺上)會發現有很冷靜直面現實的成員,也有特別積極向上的成員,無論是誰都有值得敬佩的地方。能在這么厲害的團體里我覺得特別幸福。

西野卒業後にプレッシャーはない、「私にはエース感がないので」

西野畢業后我并沒有感到壓力,“我不覺得自己是組合中心”

――西野七瀬さんの卒業についても取り上げられていますが、それに関しては?

――紀錄片對西野七瀨桑的畢業也有所記錄,對此有什么想法嗎?

齋藤飛鳥:かなり濃く描かれているので、見ていてつらくなるファンの方もいるかもしれないですが…。卒業は、決してネガティブなことではないんだなと思いました。卒業に対するメンバーの考えも聞けたし、今は3期生や4期生といった後輩がどんどん育ってきている。だから、グループとして不安に思うことは、実はそんなになかったりするんです。

齋藤飛鳥:這一部分內容篇幅不小,可能會有看了覺得難受的粉絲,但我認為畢業絕對不是一件壞事。也問過隊員們關于畢業的想法,現在3期生和4期生也在漸漸成長起來,所以組合整體并沒有令人擔心的地方。

――齋藤さんは現在、乃木坂46のエースと呼ばれていますが、プレッシャーを感じることは?

――齋藤?,F在被認為是乃木坂46的中心成員,自己有壓力嗎?

齋藤飛鳥:正直、プレッシャーを感じることはないですね。時々エースと言われる方がいるようなのですが、私にはエース感がないので(笑)。いい意味で、そんなに気負ってはないです。

齋藤飛鳥:說實話,沒什么壓力。有時會被說是組合的中心,但我自己不覺得是這樣(笑),我不是自命不凡的人。

グループ內で変化、「みんなが私を受け入れてくれて、私も歩み寄ろうとしている

組合內的變化“大家都接納了我,我與大家的距離更近”

――本作では、齋藤さんの心情に踏み込んだ部分も多かったですが、ご自身ではいかがでしたか?

――紀錄片中也記錄了很多齋藤桑的心路歷程,對此有什么想法嗎?

齋藤飛鳥:巖下監督は、ドキュメンタリーを撮る以前から現場にいることが多かったので、私たちにとっては馴染みのスタッフさんだったんです。しかも、會話をしながら、自分の話もたくさんしながら撮る方だったので、心を開きやすくて。私、いつもは「言葉を選ばなきゃ」とか、「こういう場面ではこういう雰囲気のことを言わなきゃ」と考えてしまうんですが、監督の前だと、そういうことを考えずに自然と言葉が出てきました。

齋藤飛鳥:還沒有開始拍攝紀錄片的時候巖下導演就經常在拍攝現場,對我們來說是很熟悉的工作人員。而且在交流過程中,自己也會說很多,這種拍攝方式讓人更容易敞開心扉。我是會考慮“一定要好好組織語言”“這種時候應該說這些話”的人,但在導演面前就不加思考地自然而然會說很多。

――劇中では齋藤さんのメンバーに対する素直な心の內も吐露していました。何か心境の変化があったんでしょうか?

――在紀錄片里,齋藤桑對成員們說了不少發自內心的話,心境有什么改變嗎

齋藤飛鳥:みんなが私のことをすごく受け入れてくれているということと、私もみんなに歩み寄ろうとしていること、どちらもあるんだと思います。昔は、みんながワイワイしているところを見ても、「私はいいや。私がいたところで盛り上がりが増すわけじゃないし」と思って、ひとりを選んでいた部分があったんです。でも今は、私もみんなと一緒にワイワイしたいと思ったら、自分からためらいなく寄っていきますね。

齋藤飛鳥:我覺得大家都很接納我,我也在向大家靠近。以前即使看到大家玩得很熱鬧,我也會想“還是算了,反正我過去也不能讓大家更開心”,大多都是選擇一個人待著,但現在我想和大家一起玩鬧,不再猶豫是否要去靠近大家了。

――それはすごい変化ですね。

――那真的是變化很大。

齋藤飛鳥:たまにですけどね。(笑)。ひとりの時間も好きだし、みんなが楽しそうにしている姿を眺めているのも好きだから。無理することなく、自分の気持ちを優先させてあげるようにしています。

齋藤飛鳥:只是偶爾這樣。(笑)我喜歡自己待著,也喜歡遠遠地看大家開心的樣子。不勉強自己,還是以自己的想法為主。

「嫌な子どもだった」高校時代

高中時代曾是“討人厭的孩子”

――齋藤さんは一見、自分を優先しているようで、実は周りの空気を読んだり、ものすごく客観視しているように感じたのですが。

――齋藤??雌饋硎莾炏瓤紤]自己,但其實很會察言觀色,客觀看待事物。

齋藤飛鳥:自分のことも周りのことも、どうしても俯瞰で見たくなっちゃうんです。ずっと昔からそうなんですよね。高校生のころなんて、まだ若くて人生経験も淺いから、俯瞰したところで見られる範囲も狹い。偏った思考になっちゃうから、あまり良くないなっていうのをどこかで気づいてはいたんですけど、「私はこういう生き方でいくんだ!」と決めちゃっていたところがあったんです。

齋藤飛鳥:很容易就用俯視的眼光去觀察自己和周圍人。之前就一直是這樣,高中時人生經驗還不豐富,眼界不寬闊,容易鉆牛角尖,雖然知道這樣不好,但也決定“今后就這樣生活下去”。

今思うと、嫌な子どもだったなって(笑)。當時の私はただ背伸びしていただけで、そのぶんつらくなっていたんだって、今になってやっと気づいたんです。乃木坂46になってからも、できるだけ周りのイメージに答えようとしていて。それが正しい道で、求められていることだとずっと思っていたんですけど、案外否定しても大丈夫なんだなって思いました。今回のドキュメンタリーは、自分を見つめ直すきっかけになりましたね。

齋藤飛鳥:現在想想真是討人厭的孩子(笑)?,F在回過頭終于發現那時候的自己只是在逞強,為難著自己。加入乃木坂46后,也是盡可能地迎合別人對我的期待,一直認為他們的期望就是我努力的方向,但后來發現即使不這樣做也沒有關系,通過這次的紀錄片我重新找回了自我。

――では最後に、ドキュメンタリーを観る方にメッセージをお願いします。

――那么最后,向觀看紀錄片的觀眾們說些什么吧。

齋藤飛鳥:西野の卒業からまだ立ち直れていない人も、乃木坂46に対して明るい未來を待ってくれている人もいると思います。このドキュメンタリーでは、メンバーのたくましさが見えますし、みんなで同じ方向に向かって進んでいけると感じていただけると思います。たくさんの方に、ぜひ私たち乃木坂46のことを知っていただけたらうれしいです!

齋藤飛鳥:我想既會有無法從西野桑畢業的打擊中振作的人,也會有對乃木坂46的未來抱有期望的人。這部紀錄片能夠讓大家看到成員們的堅強,感受到大家齊頭并進的熱血。希望能有更多人了解我們乃木坂46!

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

精華閱讀推薦:乃木坂46:清純是武器 服裝是秘密